投稿日:

乾燥肌におすすめのライースリペアの効果とは|口コミあり

乾燥肌にはどんな化粧品がいいの?

このようにお悩みではありませんか?

乾燥肌向けの化粧品にはいろいろな製品がありますが、乾燥肌対策にはライースリペアがおすすめ。

そこでこれから、乾燥肌対策にライースリペアがおすすめの理由をご紹介していきたいと思います。

乾燥肌とライースリペアの効果とは

お肌が乾燥する主な原因は、お肌のバリア機能が弱くなっていることが要因としてあげられます。

お肌のバリア機能がしっかりと働いていると、お肌の内部の水分はお肌にしっかりと閉じ込められていますが、バリア機能が弱くなると、お肌から水分が逃げやすくなってしまいます。

お肌から水分が逃げてしまうとお肌が乾燥しやすくなり、その状態が続くと乾燥肌と呼ばれるお肌になるのですね。

ですので、乾燥肌を改善するためには、お肌のバリア機能をアップさせて、お肌から水分が逃げないようにする必要があります

ライースリペアの効果

ライースリペアは保湿化粧品としてとても人気の基礎化粧品ですが、その人気の秘密はライースリペアに配合されているライスパワーNo.11の効果にありました。

ライスパワーNo.11には、お肌のバリア機能を整える効果があります。

ですので、ライスパワーNo.11配合のライースリペアをお肌にぬることで、お肌のバリア機能がアップし、お肌の保水力が改善していくのです。

お肌の保水力が改善することは、お肌の乾燥も次第に良くなっていくことといえますので、ライースリペアには乾燥肌を改善する効果がとても期待できるのですね。

ライースリペアの口コミ

ライースリペアには、乾燥肌を改善する効果が期待できることが分かりました。

では、実際にライースリペアを使われている方は、ライースリペアの使い心地をどのように感じられたのでしょうか?

ライースリペアの口コミにある感想を調べてみました。

ライースリペアの口コミ

  • 乾燥が前より気にならなくなってきた
  • お肌がもちもちしてきた
  • お肌がしっとりしてきた
  • 浸透がよい
  • 乾燥肌の悩みが少なくなった

ライースリペアの口コミでは、「お肌の乾燥が気にならなくなってきた」「お肌がしっとりしてきた」といった感想が多くありました。

口コミからも、ライースリペアは乾燥肌対策に最適の化粧品であることが分かりましたね。

↓ライースリペアの口コミはこちらのサイトが詳しかったです。

※目元肌荒れ対策※ライースリペアの30日の効果と口コミとは

まとめ

乾燥肌対策におすすめのライースリペアの特徴を見てきました。

ライースリペアは、ライスパワーNo.11の効果でお肌のバリア機能をアップさせて、乾燥肌対策ができる基礎化粧品であることが分かりましたね。

いま使っている化粧品では乾燥肌が改善しないとお悩みのときには、ライースリペアを一度、お試しされてみてはと思います。

投稿日:

乾燥肌対策におすすめの潤い改善成分とは|ライスパワーNo.11

お肌が乾燥するときには、保湿化粧品を使いたいものですよね。

保湿化粧品にはいろいろなものがありますので、基本的には、気になる保湿化粧品からお使いになるのが良いと思います。

ただ、保湿化粧品を使っても、なかなかお肌の乾燥が良くならない…。

このようにお悩みのときには、保湿成分ライスパワーNo.11が配合されている化粧品をお試ししてみるのも良いかも知れません。

そこでこれから、保湿成分ライスパワーNo.11の特徴をご紹介していきたいと思います。

おすすめの保湿成分ライスパワーNo.11とは

ライスパワーNo.11とは、お米を発酵抽出させて作られる成分で、「皮膚水分保持能の改善の効能」があります。

「皮膚水分保持能の改善の効能」がある成分は、日本でライスパワーNo.11だけですので、ライスパワーNo.11は保湿成分として人気があるのですね。

お肌の乾燥の原因は、お肌のバリア機能が弱くなり、お肌から水分が逃げやすくなるためといわれています。

ですので、お肌の乾燥を防ぐためには、お肌のバリア機能を高め、お肌から水分が逃げなくするようにすることが大切。

ライスパワーNo.11をお肌にぬると、お肌のバリア機能を保つセラミドがお肌の中に増えるそうです。

お肌の中にセラミドが増えると、お肌のバリア機能が回復してきます。

お肌のバリア機能が回復してくると、お肌に水分がちゃんと閉じ込められるようになり、お肌が乾燥から強くなります。

お肌が乾燥から強くなることが、乾燥肌対策では一番大切。

以上のことから、お肌の潤いを改善する効果のあるライスパワーNo.11には、乾燥肌の改善にとても効果が期待できることが分かりましたね。

まとめ

乾燥肌対策では、保湿化粧品を使うことが大切になってきます。

保湿化粧品にはいろいろな製品がありますし、また、保湿化粧品に配合されている保湿成分にもいろいろな種類があります。

そこでこの記事では、保湿成分の一つである、日本で唯一「皮膚水分保持能の改善の効能」が厚生労働省より認められているライスパワーNo.11の特徴をご紹介してきました。

ライスパワーNo.11は、お肌のバリア機能を高め保水力を改善する効果があります。

ですので、ライスパワーNo.11は、数ある保湿成分の中でも、乾燥肌対策に最適の成分であるといえるのですね

いまお使いの保湿化粧品で、なかなかお肌の乾燥が改善しないときには、ライスパワーNo.11配合の化粧品をお試ししてみてはいかがでしょうか?

ライスパワーNo.11配合化粧品には、米肌・ライスフォース・ライースリペアなどの化粧品がありました。

ちなみに、ライースリペアはライスパワーNo.11を開発した勇心酒造(株)が作っている化粧品ですので、保湿効果がとても期待できそうな感じがしました。

投稿日:

目の周り・目元の乾燥の原因と対策とは|乾燥肌ケア

目の周りや目元が乾燥しやすくて、お悩みではありませんか?

なぜ、目の周りや目元は乾燥しやすいのでしょうか?

そこでこれから、目の周りや目元が乾燥しやすい原因と対策を、ご紹介していきたいと思います。

目の周り・目元が乾燥しやすい原因

目の周りや目元が乾燥しやすい原因は、2つのことが考えられます。

目元が乾燥しやすい2つの原因

  • 皮脂分泌が少ない
  • クレンジングが必要なメイクをしている

目元が乾燥しやすい原因① 皮脂分泌が少ない

目元が乾燥しやすい原因の1つ目は、目元や目の周りは皮脂分泌が少ないということが要因としてあります。

お肌は皮脂と汗が混ざった皮脂膜で覆われることによって、乾燥から守られています。

目元は皮脂が出てくる皮脂腺があまりありませんので、皮脂膜が薄くなりがちになります。

また、目元や目の周りは皮膚が薄いですので、保水力も高くない部分といえます。

ですので、皮脂分泌が少なく皮膚が薄い目元は、もともと乾燥しやすい部分といえるのですね

目元が乾燥しやすい原因② クレンジングが必要なメイクをしている

お顔の中でも、目元はとくに気合を入れてメイクをしたい部分ですよね。

魅惑的なアイラインやスモーキーなアイシャドウがばっちり決まると、それだけで一日を楽しく過ごせてしまいます。

しかし、アイラインやアイシャドウを使うと、どうしてもクレンジングをする必要が出てきます。

また、ウォータープルーフ系のアイラインなどでメイクをすると、専用リムーバーを使用する必要もでてきます。

でも、クレンジングや専用リムーバーは、洗浄力が強いですので、目元の潤いを落す原因になってしまうのですね。

そして、目元の潤いがなくなってしまうと、目元が乾燥してしまうというわけなのです。

目の周り・目元の乾燥対策

目の周りや目元が乾燥する原因には、主に2つあることがわかりましたね。

では、目元の乾燥対策はどのようにすれば良いのでしょうか?

その方の一つは、クレンジングを必要としないアイメイクをするという方法があります。

クレンジングは、スキンケアの中でも目元の潤いを落としやすいスキンケアといえます。

ですので、目元の乾燥を防ぐためには、クレンジングを必要としないアイメイクがおすすめです。

クレンジングを必要としないアイメイクとは、クレンジング不要の化粧品を使うのが一番簡単な方法といえます。

ですので、目元の乾燥が気になるときには、クレンジング不要の化粧品をご使用になられてみてはいかがでしょうか?

また、目元は皮膚が薄く皮脂分泌も少ない部分ですので、もともと乾燥しやすい部分といえます。

ですので、目の乾燥が気になるときには、保湿重視の基礎化粧品をお使いになられるのが良いと思います。

保湿重視の基礎化粧品には、たくさんの製品がありますので気になる製品からお試しされてみるのがおすすめです。

ちなみに、価格は高くなりますがお肌の潤いを改善する効果のある基礎化粧品もありますので、目元も乾燥が特に機になるときには、そのような基礎化粧品をお試しされてみてはと思います。

まとめ

目の周りや目元の乾燥しやすい原因と対策をお話ししてきました。

目元は、もともと乾燥しやすい部分であったということが分かりましたね。

また、クレンジングが必要なメイクを目元にすると、クレンジングのときに、目元の潤いを落としてしまいがちになるということも分かりました。

目元が乾燥すると、シワやたるみの原因になってしまいますので、目元の乾燥はさけたいものですよね。

ですので、目元の乾燥対策では、クレンジングが必要でない化粧品で目元のメイクをすることと、保湿化粧品を使用することが大事であることが分かりました

目元はもともと乾燥しやすい部分ですので、「気が付いたが乾燥してしわができていた」ということも良くある話です。

ですので、乾燥肌の方で目元の美肌を守りたい方は、目元が乾燥しないように今回ご紹介しました目元の乾燥対策を実践されてみてはと思います。

投稿日:

乾燥肌の原因と対策|皮脂膜・バリア機能とスキンケア

お肌がカサカサして、潤いやハリがなくなっているお肌のことを乾燥肌といいます。

お肌が乾燥すると、シワ・カサつき・かゆみ・ヒリヒリなどの肌トラブルにつながってしまいます。

ですので、美肌を守るためには、お肌を乾燥させないことがとても大事。

そこで、美肌を守るために乾燥肌になる原因と対策を調べてみました。

乾燥肌になる原因

乾燥肌になる原因は2つあるといわれています。

乾燥肌の2つの原因

  • 皮脂分泌が少ないため
  • お肌のバリア機能が弱くなっているため

乾燥肌の原因① 皮脂分泌が少ないため

乾燥肌の原因の一つ目は、皮脂分泌が少ないことといわれています。

皮脂とは顔の脂のことですが、皮脂は汗と混ざることによって皮脂膜を作ります。

皮脂膜はお肌を包み込み、お肌を乾燥から守る働きがあります。

ですので、皮脂分泌が少ないと皮脂膜も弱くなり、お肌が乾燥してしまいやすくなるのですね

ではなぜ、皮脂の分泌が少なくなるのでしょうか?

皮脂の分泌が少ない原因は、体質的なものと気温に関係するものがありました。

肌質にはさまざまなものがありますので、もともと皮脂分泌が少ない方がおられます。

ですので、もともと皮脂分泌が少ない方は、乾燥肌になりやすいという傾向がありました。

気温によっても、皮脂分泌が少なくなることが分かっています。

資生堂の研究によると、冬は夏に比べて皮脂分泌が半分になるそうです。

そして、冬は空気も乾燥しています。

このように、空気の乾燥と皮脂分泌が少なくなる季節が重なれば、お肌は乾燥しやすくなるのですね。

ですので、夏は脂性肌だけど冬は乾燥肌になる方もおられるのです。

乾燥肌の原因② お肌のバリア機能が弱くなっているため

乾燥肌の原因の2つ目は、お肌のバリア機能が弱くなることがあげられます。

お肌のバリア機能が弱くなると、お肌から水分が逃げていくそうです。

お肌から水分が逃げて行くと、お肌は乾燥してしまいます。

このように、お肌のバリア機能が弱くなることによっても、お肌は乾燥してしまうことが分かりました。

自分でできる乾燥肌対策とは

乾燥肌の原因は、「皮脂分泌が少なくなることとお肌のバリア機能が弱くなること」ということが分かりましたね。

では、自分でできる乾燥肌対策は何をすれば良いのでしょうか?

自分でできる乾燥肌対策

  • 洗顔クレンジングをしすぎない
  • 保湿化粧品を使う

自分でできる乾燥肌対策① 洗顔クレンジングをしすぎない

自分でできる乾燥肌対策の一つ目は、洗顔クレンジングをしすぎないこと。

洗顔やクレンジングは、洗浄力の強い成分でお化粧やお顔の汚れを落とすスキンケアといえます。

洗浄力の強い洗顔料やクレンジングは、お化粧や汚れをしっかりと落としてくれる反面、お肌の潤いまで落としてしまうことがあります。

洗顔後にお肌につっぱりを感じるときには、お肌の潤いが落ちている状態といっても良いでしょう。

このように、洗顔やクレンジングは、お肌の潤いを落としてお肌を乾燥させてしまうことがあるスキンケアといえるのですね。

ですので、乾燥肌対策では、なるべく洗浄力の強くない洗顔料やクレンジングを使うのがおすすめになります

ただ、洗浄力の強くない洗顔料やクレンジングはお化粧の落ちが良くないことがあります。

このようなときには、お肌にやさしい洗顔料でもお化粧が落ちやすいように、クレンジング不要の化粧品を使用したりナチュラルメイクをしたりする工夫が必要ということが分かりました。

自分でできる乾燥肌対策② 保湿化粧品を使う

自分でできる乾燥肌対策では、保湿化粧品を使うという方法もあります。

基礎化粧品にはいろいろな製品がありますが、保湿成分が多く配合されている保湿重視の基礎化粧品もあります。

ですので、お肌の乾燥が気になるときには、保湿化粧品を使うことが乾燥肌対策では大切といえます。

ちなみに、保湿化粧品の中には、お肌のバリア機能を整える効果がある化粧品もあります。

ですので、高い効果が期待できる乾燥肌対策を行いたい方には、お値段はちょっと高いですがバリア機能を整える効果のある化粧品がおすすめです。

まとめ

乾燥肌の原因と対策をご紹介してきました。

乾燥肌の原因は、「お肌を乾燥から守ってくれる皮脂膜やバリア機能が弱くなること」ということが分かりました。

このことから、乾燥肌対策では皮脂膜やバリア機能を整えることが大事であることが分かりましたね。

ただ、皮脂膜やバリア機能を整えるといいましても、体質的なものによって難しいことがあります。

ですので、まずは自分でできるところから乾燥肌対策を始めるのが良いと思いました。

自分でできる乾燥肌対策は、洗浄力の強い洗顔料やクレンジングを使わないということと、保湿化粧品をスキンケアで取り入れるということでした。

乾燥肌はすぐには改善するものではありませんが、自分ができるところから乾燥肌対策を始めることによって、少しずつ乾燥肌が改善していくのではないかと思っています。

投稿日:

部屋の湿度と乾燥肌対策|湿度は加湿器で50~60%がおすすめ

お部屋が乾燥していると、お肌も乾燥気味になってしまいますよね。

とくに、空気が乾燥している時期にエアコンを付けると、部屋の湿度が下がって空気が乾燥してしまいがちに。

そこで、お肌が乾燥しないようにするためには、部屋の湿度がどのくらいあれば良いのかを調べてみました。

乾燥肌と部屋の湿度の関係

乾燥肌対策では、部屋の湿度は50~60%くらいに保つのが良いということが分かりました。

湿度が50~60%というのは、ちょうど人の肌が快適に感じる湿度だそうです。

また、インフルエンザウイルスは湿度が50%以上になると、感染力が急激に下がるといわれています。

ですので、乾燥肌対策における湿度調整は、インフルエンザの対策にも効果的といえますね。

ちなみに、お部屋の湿度が70%以上になってくると、カビが繁殖しやすくなるそうです。

高湿度は乾燥肌には良いですが、カビが発生しやすくなりますので、やはり、乾燥肌対策におすすめの部屋の湿度は50~60%ということが分かりました。

部屋の湿度チェック

部屋の湿度のチェックは、湿度計を利用しましょう。

湿度計は100円均一でも販売されていますが、100円均一の湿度計はあまり精度が良いとは言えません。

精度が良い湿度計は800円くらいからありますので、なるべくなら、精度の良い湿度計を使用されるのがおすすめです。

部屋の湿度調整

乾燥肌対策での部屋の湿度調整は、部屋の高い湿度を下げるというよりは、部屋の低い湿度をあげるということの方が多くなります。

とくに、空気が乾燥する冬にエアコンをつけた部屋では、とても湿度が低くなることがあります。

このような、部屋の湿度が低いときには、どのように部屋の湿度をあげれば良いのでしょうか?

部屋の湿度が低いときに湿度をあげる方法は2つありました。

部屋の湿度をあげる方法

  • 加湿器を付ける
  • 部屋に洗濯物を干す

部屋の湿度をあげるのに一番最適な方法は、加湿器を使用すること。

加湿器は、湿度調整が楽にできますので、乾燥肌対策でお部屋の湿度調整をされたい方には、加湿器はとてもおすすめです。

加湿器は安いものですと、1,000円くらいからありますので、お好みの加湿器を探されてみてはいかがでしょうか?

部屋の湿度をあげる方法には、部屋に洗濯物を干すという方法もあります。

部屋に洗濯物を干すことで、部屋の湿度は上がります。

ただ、洗濯物で部屋の湿度をあげる場合、どのくらいまで湿度が上がるのかが良く分からないということがあります。

ですので、洗濯物で湿度をあげる場合には、部屋の湿度が上がりすぎないように注意することが必要になります。

部屋の湿度が上がり過ぎていると「いつの間にかカビが生えていた」ということにもつながります。

そういったことを考えると、部屋の湿度を一定に保つためには、やはり加湿器が一番おすすめということになりました。

まとめ

部屋の湿度と乾燥肌対策をご紹介してきました。

お部屋の中で乾燥肌対策を行うためには、部屋の湿度を50~60%に保つのが良いということが分かりました。

お部屋が乾燥していると、お肌が乾燥しやすくなってしまいます。

とくに、乾燥肌の方は、お部屋の乾燥がお肌の乾燥に結び付きやすいのですね。

ですので、お肌の乾燥しやすい時期にはとくに、湿度計と加湿器を使ってお部屋の湿度管理をおこなって行きましょう。

投稿日:

乾燥肌とオイリー肌のスキンケアの特長とは

乾燥肌は、お肌が乾燥しやすい肌質のこと。

オイリー肌は、お肌が皮脂でベタベタしやすい肌質のことといわれていますよね。

では、乾燥肌とオイリー肌のスキンケアの違いはあるのでしょうか?

そこで、乾燥肌とオイリー肌のスキンケアの特長と違いを調べてみました。

乾燥肌とオイリー肌のスキンケアの特長

乾燥肌とオイリー肌のスキンケアの特長を調べてみると、次のことが分かりました。

乾燥肌のスキンケア

  • 乾燥対策
  • 保湿重視

オイリー肌のスキンケアの特長

  • 皮脂対策

乾燥肌のスキンケアでは、お肌を乾燥から守る(保湿重視の)スキンケアをする必要があることが分かりました。

一方、オイリー肌のスキンケアでは、皮脂(顔の脂)を抑えるスキンケアをする必要があることが分かりました。

乾燥肌のスキンケア

乾燥肌のスキンケアでは、お肌を乾燥から守ることが大事になってきます。

ですので、基礎化粧品は保湿重視の製品を選ぶのがおすすめ。

保湿重視の基礎化粧品は色々な製品がありますが、潤い改善成分ライスパワーNo.11が配合されている化粧品が特におすすめといえます。

また、お肌を乾燥から守るためには、洗顔やクレンジングでお肌の潤いを落とさないようにすることも、とても大切になってきます。

ですので、お肌が乾燥しているときには、洗顔で落ちにくいメイクはなるべくしない方がよいといえます

洗顔で落ちにくいメイクを落とすためには、洗浄力の強いクレンジングを使う必要があります。

洗浄力の強いクレンジングはお肌の潤いを落とす危険が大きいですので、なるべくなら洗浄力の強いクレンジングを使わないで良いメイクをしましょう。

ちなみに、クレンジング不要の化粧下地や化粧品を使うと、ダブル洗顔が不要になりますので、それだけで、お肌の潤い保持にとても効果がある乾燥肌対策といえます

オイリー肌のスキンケア

オイリー肌のスキンケアでは、皮脂(顔の脂)を抑えることが必要になってきます。

ですので、オイリー肌対策のスキンケアでは、皮脂分泌抑制の効果がある成分ライスパワーNo.6が配合されている基礎化粧品を使うのがおすすめです。

ライスパワーNo.6は、厚生労働省より皮脂分泌抑制の効能が認められている成分ですので、オイリー肌対策に効果を発揮する成分といえます。

また、ライスパワNo.6のような効果はありませんが、ビタミンCにも皮脂分泌を抑える働きがあるといわれています。

ですので、ビタミンC配合化粧品もオイリー肌対策のスキンケアではおすすめといえます。

とくに、ビタミンC美容液といわれる化粧品は、ビタミンCを高配合していますので、Tゾーンの皮脂コントロールに最適の化粧品といわれることもあります。

また、ビタミンCにはコラーゲンを生成する働きもありますので、オイリー肌対策とお肌の弾力アップの対策を同時に行いたい方にとっては、ビタミンC美容液はとてもおすすめといえます

まとめ

乾燥肌とオイリー肌のスキンケアの特長をみてきました。

乾燥肌は、お肌の潤いが少ないのが特徴の肌質。

ですので、洗顔やクレンジングでお肌の潤いを落とさないことが、乾燥肌のスキンケアではとても大事であることが分かりました。

そして、洗顔で守ったお肌の潤いを、保湿効果のある基礎化粧品を使ってさらに守っていくことが、乾燥肌のスキンケアでは大事であることが分かりましたね。

一方、オイリー肌のスキンケアでは、「過剰に分泌される皮脂をおさえること」が大事になってきます。

皮脂分泌を抑えるためには、皮脂分泌抑制の効能があるライスパワーNo.6配合の化粧品を使用するのがとても効果的であることが分かりました。

また、皮脂分泌を抑える働きのあるビタミンC美容液を使用することも、オイリー肌のスキンケアでは効果が期待できることが分かりました。

以上のことから、乾燥肌とオイリー肌のスキンケアは全く違うことが分かりましたね

乾燥肌の方は保湿重視、オイリー肌の方は皮脂対策重視のスキンケアをおこなって行きましょう。

冬は乾燥肌、夏はオイリー肌という方は、季節によって化粧品やスキンケアを変えていくのがおすすめです。

投稿日:

乾燥肌に肌断食がおすすめできない理由とは|スキンケアは大事

最近、肌断食がはやっていますが、乾燥肌は肌断食しても大丈夫なのでしょうか?

そこで、乾燥肌が肌断食をしても大丈夫なのかを調べてみました。

乾燥肌が肌断食しても大丈夫?

肌断食について調べてみますと、次のことが分かりました。

肌断食とは、お化粧・洗顔料・クレンジング・スキンケアをやめること。

肌断食とは、基礎化粧品の使用をやめることと思っていましたら、お化粧や洗顔料・クレンジングをやめることも、肌断食に含まれていたのですね。

では、乾燥肌が肌断食をしても大丈夫といえるのでしょうか?

乾燥肌と肌断食

基本的にお化粧はお肌の負担になりますので、お化粧をやめるという意味での肌断食はおすすめできます

また、乾燥肌の対策ではお肌の潤いを保つことが一番大事といわれています。

ですので、お肌の潤いを落としがちな洗顔料やクレンジングをやめるという意味での肌断食も、おすすめできます

以上のことをまとめると、お肌の負担になるお化粧や洗顔料・クレンジングをやめることは、乾燥肌対策でもおすすめな肌断食といえることがわかりましたね。

では、スキンケアをやめるという肌断食は、乾燥肌にもおすすめなのでしょうか?

この点に関しまして、乾燥肌の方がスキンケアをやめるという肌断食をするのはおすすめできません。

乾燥肌にはスキンケアはとっても大事

乾燥肌とは、本来お肌のバリア機能が弱くなるために起きます。

一度お肌のバリア機能が弱くなると、バリア機能が回復するまでには時間がかかってしまいます。

そして、お肌のバリア機能が回復するまでは、お肌が乾燥しやすくなってしまいます。

お肌のバリア機能が弱くなってお肌が乾燥していると、お肌から水分が逃げ出していきます。

ですので、お肌のバリア機能が整うまでは、お肌を乾燥から守るためにスキンケアでお肌を保湿する必要があるのですね

基礎化粧品を使わない肌断食でも、お肌が乾燥するときにはワセリンでお肌を乾燥から守りましょうとあります。

ワセリンも保湿用の基礎化粧品も保湿という点では同じ。

ですので、基礎化粧品をやめるという意味での肌断食はおすすめできません

ちなみに、プチプラなどの保湿用基礎化粧品は正直なところ、潤い効果をあまり期待できないかも知れません。

しかし、基礎化粧品の中にはお肌のバリア機能を整える効果がある化粧品もあります。

ですので、乾燥肌対策における肌断食では、お肌の潤い改善効果がある基礎化粧品をお使いになる方がよいこともあるのですね。

まとめ

乾燥肌が肌断食をしても大丈夫なのかをいろいろと調べてきました。

肌断食とは次の意味があることが分かりました。

肌断食の意味

  • お化粧をやめる
  • 洗顔料・クレンジングをやめる
  • 基礎化粧品をやめる

お化粧は、毛穴のつまりの原因になったりクレンジングが必要になりますので、お化粧をやめるという肌断食はとてもおすすめ。

また、洗顔料・クレンジングはお肌の潤いを落としてしまう行為につながりますので、洗顔料・クレンジングをやめるという肌断食もおすすめできます。

ただ、お肌の潤いを守ってくれる基礎化粧院をやめるという肌断食はおすすめできません。

とくに、乾燥肌の方はお肌のバリア機能が弱くなっている状態ですので、やっぱりお肌を乾燥から守ってくれる基礎化粧品はとっても大事なのですね

ですので、乾燥肌の方が肌断食をお試しされてみたいときには、お化粧やクレンジングをやめるところから肌断食を始められてみるのが良いと思いました。

ただ、お仕事をされている方やメイクが必要な方は、おけしょうをしないわけにはいきませんよね。

そのようなときには、クレンジングをしなくても良い化粧品をお使いになることでも、十分にお肌の負担は減ると思います。

お肌の負担を減らして乾燥肌のケアを行いたいときには、クレンジングの必要がない化粧品やあっさりメイクに挑戦されてみてはいかがでしょうか?

投稿日:

乾燥肌はニキビになりやすいの?正しいスキンケアとは

お肌の乾燥はニキビの原因になるといわれていますよね。

では、乾燥肌はニキビができやすいといえるのでしょうか?

そこで、乾燥肌とニキビの関係について調べてみました。

乾燥肌とニキビの関係について

乾燥肌とニキビの関係を考えるにあたって、まずはニキビができる原因を調べてみました。

ニキビができる原因

  • 皮脂の過剰分泌
  • 毛穴の出口のつまり

ニキビの一番の原因は、皮脂の過剰分泌といわれています。

皮脂の過剰分泌により毛穴の中に皮脂が詰まると、毛穴の中にニキビ菌が繁殖しやすくなってしまいます。

ニキビ菌が毛穴に増えるにしたがって、ニキビもひどくなっていくのですね。

毛穴の出口のつまりもニキビの原因になるといわれています。

毛穴の出口が詰まると、ニキビの好物の皮脂が毛穴に詰まってしまいます。

その結果、ニキビ菌が増えてニキビがひどくなるのですね。

ですので、ニキビケアでは、皮脂の過剰分泌を抑えることと、毛穴の出口が詰まらないようにすることが大事ということが分かりました。

乾燥肌の毛穴のつまりについて

乾燥肌は、皮脂の分泌が少ないのが特徴の肌質といえます。

ニキビの一番の原因は、皮脂の過剰分泌ですが、乾燥肌の方は皮脂分泌が少ないですので、皮脂の過剰分泌によるニキビはできにくいといえます。

しかし、乾燥肌の方でもニキビができやすい方もおられますよね。

皮脂分泌が少ない乾燥肌にニキビができる原因はどこにあるのでしょうか?

乾燥肌の方はお肌が乾燥しがちですので、古い角質が上手くはがれ落ちないことがあります。

毛穴の周りの角質がうまくはがれおちないと、古い角質が毛穴の出口をふさいでしまうことがあるのですね。

その結果、出口がふさがれた毛穴の中にニキビ菌が増え、ニキビができてしまうのだそうです

以上のことが、乾燥肌におけるニキビができる原因であることが分かりました。

乾燥肌のニキビ対策

乾燥肌のニキビの主な原因は、「お肌が乾燥により毛穴の出口がふさがれやすくなるため」ということが分かりました。

ですので、乾燥肌のニキビ対策では、乾燥により毛穴が詰まらないようにするために、お肌の潤いを保つことがとても大切になってきます

では、乾燥肌の方がお肌の保湿を保つためにはどうすれば良いのでしょうか?

その方法の一つは、保湿効果がある化粧品を使うという方法があります。

保湿効果のある化粧品を使うことによって、乾燥により毛穴の出口がふさがれないようにする対策ができるのですね。

ただ、乾燥肌の方は、すでに保湿化粧品をお使いになられているかも知れません。

「保湿化粧品を使っているけど、ニキビができてしまう…。」

このようなときには、保湿化粧品の中でも特に保湿効果が高いといわれる化粧品をお使いになってみるのも良いかも知れませんね。

保湿化粧品にはたくさんの製品がありますので、いまお使いの化粧品の保湿力に満足されないときには、お肌にあう保湿化粧品をお試しされてみてはと思います

まとめ

乾燥肌とニキビの関係について調べてきました。

ニキビの主な原因は皮脂の過剰分泌といわれていますが、毛穴の出口のつまりもニキビの原因であることが分かりました。

そして、乾燥肌の方は特に毛穴の出口が詰まりやすいことも分かりました。

ですので、乾燥肌の方でニキビができやすいとお悩みのときには、お肌の乾燥により毛穴の出口がふさがれないようなスキンケアを始められてみてはいかがでしょうか?

投稿日:

乾燥肌対策に良い栄養素とは|お肌の健康とビタミン

乾燥肌対策といえば、保湿クリームをぬったり、保湿化粧品を使ったりすることが一般的ですよね。

では、食べ物から乾燥肌対策はできるのでしょうか?

そこで、乾燥肌対策に良いとされる栄養素を調べてみました。

乾燥肌対策に良いとされる栄養素

乾燥肌対策に良いとされる栄養素を探してみましたが、特別に乾燥肌対策に良いという栄養素は見つかりませんでした。

ただ、「お肌の調子を整えることが乾燥肌対策になります」という情報はありました。

ですので、ここでは、乾燥肌対策につながるお肌の健康を保つために必要な栄養素を、ご紹介してきたいと思います。

お肌の調子を整えるのに良い栄養素

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンE

ビタミンB群はお肌のビタミンといわれるように、お肌や粘膜の健康を維持するために大切なビタミンになります。

ビタミンB群には、ビタミンB1・B2・B6などがありますが、ビタミンB1・B2・B6それぞれにお肌を健康に保つための働きがありました。

ビタミンB1の働き

ビタミンB1は、糖質を代謝する働きがあります。

糖質は身体のエネルギーになりますので、ビタミンB1が不足して糖質が代謝されにくくなると、身体がエネルギー不足になることがあります。

身体がエネルギー不足になると、健康なお肌を保てなくなりますので、乾燥肌にも良くないということでした。

ビタミンB1は、玄米・豆類・キノコ・ノリ・昆布などの食べ物に多く含まれています。

ビタミンB2の働き

ビタミンB2は、ビタミンB群の中でも特に、お肌の健康の保持に大切なビタミンといわれています。

また、ビタミンB2は、お肌の潤いやハリの維持にも欠かせないビタミンといわれています

ですので、乾燥肌対策に限らずお肌を健康に保つためには、ビタミンB2が不足しないように心がけましょう。

ビタミンB2は、レバー・乳製品・タマゴ・緑黄色野菜などの食べ物に多く含まれています。

ビタミンB6の働き

ビタミンB6には、タンパク質を分解して身体に必要なアミノ酸を取り出す働きがあります。

ビタミンB6も皮膚や粘膜の維持に大切なビタミンといわれていますので、乾燥肌対策に限らず、お肌の健康を維持するためには、不足しないように気を付けたいビタミンといえます。

ビタミンB6は、青魚・レバー・バナナ・ニンニクなどの食べ物に多く含まれています。

ビタミンEの働き

ビタミンEには、血行を促進する働きがあります。

お肌が健康であるためには、お肌に必要な栄養素がお肌にちゃんと届くことが大切になってきます

お肌の栄養素は血液によって運ばれますので、血行を促進するビタミンEは、お肌の健康を守るためにとても大切なビタミンなのですね。

とくに冬は寒いですので、血流が悪くなりお肌が乾燥しがちになってしまいます。

ですので、血行が悪くなりがちな冬は、積極的にビタミンEの摂取を心掛けるのがおすすめです。

ばた、ビタミンEには、血行を促進する働きだけでなく、お肌のバリア機能を整える働きもあるといわれています。

乾燥肌は、お肌のバリア機能が弱くなり、お肌の中の水分が逃げてしまうことが要因の一つであるといわれています。

ですので、お肌のバリア機能を整えて乾燥肌対策を行いたいときには、ビタミンEの力が必要であることが分かりましたね。

ビタミンEは、ナッツ類・魚介類・植物油・大豆・緑黄色野菜など多くの食品に含まれています。

まとめ

乾燥肌対策に良いといわれる栄養素を調べてきました。

乾燥肌対策に良いといわれる栄養素は特に見つかりませんでした。

しかし、乾燥肌対策では、お肌の健康を保つことが大切であることが分かりました

お肌の健康を保つためには、どの栄養素の働きも大切になってきますが、とくにビタミンB群とビタミンEの働きが大切であることが分かりました。

ですので、乾燥肌対策を、スキンケア製品だけでなく食事からも行っていきたいときには、ビタミンB群やビタミンEの摂取を積極的に心がけてみてはいかがでしょうか。

投稿日:

乾燥肌とアトピー性皮膚炎の違いについて|かゆみとお肌のバリア機能

乾燥肌とアトピー性皮膚炎の違いは、何となくは分かってもはっきりとは分からないかも知れません。

そこでここでは、乾燥肌とアトピー性皮膚炎の違いについて、ご説明していきたいと思います。

乾燥肌とアトピー性皮膚炎の違いとは

乾燥肌とは、お肌が乾燥した状態のこと。

または、乾燥しやすい肌質のことを乾燥肌といいます。

ですので、お肌が乾燥してカサカサしたり、粉っぽくなるのが乾燥肌の特徴といえます。

一方、アトピー性皮膚炎とは、かゆみを伴うお肌の炎症が慢性的にくり返す症状のこと

アトピー性皮膚炎には「かゆみ」というイメージがありますが、かゆみを伴うお肌の慢性的な炎症のことをアトピー性皮膚炎というのですね。

以上のことから、乾燥肌とアトピー性皮膚炎の違いは、なんとなくご理解いただけたと思います。

「乾燥肌はお肌がカサカサしたり乾燥しやすい肌質のこと」、「アトピー性皮膚炎はかゆみを伴うお肌の慢性的な炎症のこと」であることが分かりました。

乾燥肌とアトピー性皮膚炎の原因とは

乾燥肌とアトピー性皮膚炎の原因はどこにあるのでしょうか?

乾燥肌の原因には、お肌のバリア機能が弱くなり、お肌から水分がにげてお肌が乾燥することが要因としてあげられます。

お肌のバリア機能は、お肌の中の水分をお肌の外に逃がさない役割があります。

しかし、お肌のバリア機能が弱くなると、お肌から水分が逃げやすくなります。

そうすると、お肌は乾燥してしまうのですね。

アトピー性皮膚炎の原因も、お肌のバリア機能が弱くなるために起きるとされています。

お肌のバリア機能が弱くなると、お肌が乾燥してしまうとともに、お肌が外部の刺激に敏感に反応するようになることもあります。

外部の刺激とは、ほこり・花粉・アレルギー物質のことですが、バリア機能が正常に保たれていないと、外部の刺激がお肌の中に入ってきてしまいます。

外部の刺激がお肌の中に入ってくると、かゆみを生じることがあるのですね。
この状態が、アトピー性皮膚炎の症状といわれています。

ちなみに、外部の刺激がお肌の中に入ってきて、お肌がヒリヒリしたりする症状のことを敏感肌といいます。

乾燥肌とアトピー性皮膚炎の対策とは

乾燥肌やアトピー性皮膚炎の症状は、お肌のバリア機能が弱くなることによって起きることが分かりました。

ですので、乾燥肌とアトピー性皮膚炎の症状を改善するためには、お肌のバリア機能を整える必要があります。

乾燥肌対策では、身体には保湿クリーム、お顔には保湿系の化粧品を使ってお肌のバリア機能を整えるスキンケアが効果的といえます。

一方、アトピー性皮膚炎の対策では、一時的にかゆみを抑えるお薬(ステロイド薬など)と、お肌のバリア機能を整えるクリームを使う必要があります。

アトピー性皮膚炎の特徴はかゆみを伴う慢性的なお肌の炎症ですので、まずはその場のかゆみを抑える必要があります。

保湿クリームにはその場のかゆみを抑える効果はありませんので、その場のかゆみをおさえるためには、かゆみを抑えるステロイド薬などを使用する必要があります。

そして、その場のかゆみを抑えつつ、お肌が外部の刺激を受けないように、お肌のバリア機能を整えることも必要になってきます。

お肌のバリア機能を整えるためには、保湿クリームでお肌を乾燥から守ることが一番効果的といえます。

このように、その場のかゆみをお薬で抑えながら、時間をかけてゆっくりとお肌のバリア機能を整えることが、アトピー性皮膚炎の対策といえるのですね

アトピー性皮膚炎詳細はこちら

まとめ

乾燥肌とアトピー性皮膚炎の違いについて、お話ししてきました。

乾燥肌とアトピー性皮膚炎の症状は似ているようでも、とても違うことが分かりましたね。

また、乾燥肌対策とアトピー性皮膚炎の対策も、違う部分があることが分かりました。

乾燥肌は自分でケアできる部分が大きいですが、アトピー性皮膚炎は自分でケアすることが難しい症状といえます。

ですので、お肌が乾燥して慢性的なかゆみを伴う炎症を生じるときには、お早めに皮膚科にご相談されるのが良いのでと思います。